痛くない大腸内視鏡検査をして健康な体を手に入れよう

福岡病院の大腸内視鏡検査は無痛

九州の北部に位置している福岡は陸の交通機関だけではなく、海や空の便も充実しています。そのため、遠方からでも訪れやすい場所だと言えるでしょう。福岡には病院がありますが、その中でも消化器内科の評判はかなり良いです。がんの定期検診をする際、内視鏡検査をすることが少なくありません。消化器にもいろいろありますが、その中でも大腸内視鏡検査は無痛でできることから多くの人が利用しています。
なぜ、福岡の病院では無痛の大腸内視鏡検査を受けられるのでしょうか。それは、医者の技術が高いこと、鎮痛剤を利用して行うことがあげられます。大腸内視鏡検査を行う場合、大腸を綺麗な状態にする必要があるので、検査前に2時間くらいかけて、便を出す作業を行いますが、他の病院よりも厳しく行います。そのため、内視鏡を挿入する際、スムーズに動かすことができるのです。また医者の挿入の仕方もソフトに行うので、大腸内を傷つけることなく行うことができます。
また大腸へ内視鏡を挿入する直前に鎮痛剤を投与します。それにより検査を受ける人は意識がもうろうとした状態になるため、痛みを感じることはないのです。また、肛門にも挿入しやすくなるよう専用の軟膏を塗るので、痛みを感じにくくなります。

苦痛の無い大腸内視鏡検査を行う福岡の病院

大腸がんの早期発見早期治療に役立つのが大腸内視鏡検査です。しかし、大腸内視鏡検査は痛い苦しいと言うイメージがありました。そのため躊躇してしまう方が多く見られますが、大腸内視鏡検査を行う福岡の病院では苦痛の少ない方法を採用しており、初めてでも安心して受けられるというメリットがあります。大腸がんは自覚症状に乏しく、進行してから分かると言うことが多いです。
大腸がんはポリープから進行することがあるため、以前大腸ポリープの治療を受けたことがあるという方は注意が必要です。その他にも、がんは遺伝が大きく関わっているため、家族にポリープや大腸がんが見られると言う方も定期的に検査を受けた方が良いです。検査の流れは、まずは一度来院し相談することから始めます。どんな検査が行われるのか、いつ検査するのか分かり易い説明が受けられます。検査前日の夕食後と検査当日の朝に下剤を飲んで腸内を空にしておきます。
病院に来院し検査を受けますが、希望に応じて鎮痛剤を使用することが可能で、痛みが不安と言う方でも大丈夫です。検査は10分から15分ほどで終了し、ポリープが見られる場合は少し時間が長めになります。検査後は写真を見ながら説明が受けられます。鎮痛剤を使用した時は、車を運転して帰宅する事ができません。車の運転ができる家族に一緒に来院して貰うと良いでしょう。車を運転できる家族が居ない場合はタクシーで帰宅しすることをオススメします。

CHOICES

痛くない大腸内視鏡検査をして健康な体を手に入れよう

福岡病院の大腸内視鏡検査は無痛 九州の北部に位置している福岡は陸の交通機関だけではなく、海や空の便も充実しています。そのため、遠方からでも訪れやすい場所だと言えるでしょう。福岡には病院がありますが、その…

MORE

大きな病気も逃さない大腸内視鏡の検査について

福岡の大腸内視鏡検査で判明できる病気 福岡の病院などで、大腸内視鏡検査を受けた時に判明できる病気は、大腸癌や大腸炎などで、最近は小さなポリープを見つけ出してその場でポリープを取り除いたり検査に回したりし…

MORE

福岡の凄腕医師が行う大腸内視鏡がオススメ

福岡での大腸内視鏡検査は専門クリニックで 大腸内視鏡検査を受けたことはありますか?病院での検査というと、どの検査でも気がすすまず受けたくないものですが、なかでも大腸内視鏡検査は特に敬遠したくなる検査では…

MORE